こんにちは。

昨日は、【生活環境のDNAスイッチ】についてお伝えさせていただきました。

本日は感覚のトレーニングについてです。

例えばテニスの場合

ラケットによるタッチの感覚を高めようとした時、コート上では限界があります。

ボールを打つ

この時に余分な力が入っても、意外と誤魔化しがききます。

そこでおすすめする練習方法が、『人に触れて動く』。

人に触れるとなると、誤魔化しがきかなくなります。

触れて自分自身が力んだ時点で、相手も力んでしまいます。

そうやって自分がどういう時に力んでしまうかを感じ取り、徐々に余分な力を抜いて触れていくと、どんどん波が通りやすくなります。

=力が伝わる身体の使い方に変わります。

この状態でラケットやボールに触れると、これまでとは全く違う情報を接触面から受け取ることになります。

今回はテニスで例えましたが、スポーツを始め、介護やダンスなど全ての動きにおいて、人に触れて、力まず動くというのは有効な練習法です。

本日は以上になります。