こんにちは。

昨日は、【生活環境と負荷】についてお伝えさせていただきました。

は虫類時代は、沼にお腹をすりすりとしながら移動してきました。

鳥の時代は、胴体に風を浴びながら移動してきました。

実は、その時のスイッチが今も身体に残っています。

お腹を上から下にすりすりすると、身体はねじりやすくなります。

そして風をある方向から、浴びると開閉の運動がしやすくなります。

身体にはこういったDNAスイッチが無限に眠っています。

鍛えたものはやらなければ衰えますが、元々ある能力は消えることがありません。

またこういった能力を引き出すことは、難しいことではありません。

本日は以上になります。